スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kyoto Takase-gawa Riverside Walk 京都 高瀬川リバーサイドウォーク

Takase-gawa Riverside Walk

Rows of cherry blossoms can be fascinatingly elegant. Especially, at night and along a river. Kiyamachi Street along the Takase River in downtown Kyoto is one of the city's most popular spots for cherry blossoms and for fine dining. read more

街の灯りに浮かび上がる高瀬川の夜桜はあでやかです。高瀬川沿いの木屋町通は、京都市街の桜の名所の一つで、おしゃれなレストランやバーが集まっています。続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

Yokohama Stadium before a game 試合前のハマスタ(横浜スタジアム)



Yokohama Stadium is a home ground of Yokohama DeNA Baystars. It is located inside of the Yokohama Park, just a 3-minute-walk from Kannai Station on JR Keihin-Tohoku Line. Because of such a nice location, many other events, concerts, and even wedding ceremonies are taken place on the day that has no game. JR Kannai Station is decorated with Baystars players’ photos and their symbol color, blue. On the game day, the passion and cheerful energy are in full swing in and around the stadium. More than one hour before the gate opens, lots of people with the favorite player’s uniforms already gathered in the outfield of the stadium.

横浜DeNAベイスターズの本拠地・ハマスタ(横浜スタジアム)は、JR京浜東北・根岸線の関内駅から徒歩3分の横浜公園の中にあります。大変便の良いところにあるスタジアムで、試合のない日はコンサートやイベント、結婚式など様々な催しが開かれます。関内駅は、ベイスターズのチームカラーであるブルーや選手たちのポスターなどで飾られています。試合当日には、応援ムードは最高潮に盛り上がり、開場1時間以上前には、すでにお気に入りの選手のユニフォームを着たファンたちが続々と集まってきていました。
関連記事

Cruise Ship Asuka II often comes to Yokohama クルーズ客船「飛鳥II」横浜入港



Asuka II is the biggest cruise ship in Japan that is registered in Yokohama. It provides luxurious service, but the price is quite high: A short cruise (2 nights 3 days) costs from 50,000 yen to 500,000 yen per person, a middle length cruise up to 2 weeks is between 300,000 yen-2,800,000 yen, and a world tour for 100 days costs 4,200,000 yen-26,000,000 yen! But here’s some good news—no tipping is necessary! They provide exquisite service with one staff to every two guests, and all the rooms have ocean views, bathtubs, and washlet toilets! (English information is here).
Asuka II docks at Yokohama Port more than 30 times a year. On days that the ship is scheduled to arrive at Osanbashi Pier, huge numbers of people come to see this beautiful liner. I was also waiting for Asuka II at the pier, on a day in mid September, and enjoyed watching captain, crewmen, and other ground staff working on the ship.

横浜船籍の「飛鳥II」は、国内外を航行する日本最大のクルーズ客船です。2泊3日のショートクルーズは5万円から50万円、2週間程度のミドルクルーズ(奄美大島や韓国など)は、30-280万円、世界1週ではなんと、420万円2600万円と、豪華な船旅が楽しめます(クルーズ情報)。外国船と大きく異なるのは、チップがいらないこと、乗客2名に対して乗組員1名以上を配置したきめ細かいサービスが受けられること、そして、すべての客室がオーシャンビューで、バスタブやウォシュレットなどが標準装備されていることです。
飛鳥IIは年間30回以上横浜港に入港します。(大さん橋への着岸予定はこちら。)入港予定時間近くになると、たくさんの見物人が大さん橋に集まり、その美しい姿にカメラを向けます。私は9月中旬のこの日、入港した飛鳥IIを大さん橋で迎え、キャプテンたちの姿や、着岸した船に荷物を積み込む船員たちの働きぶりを興味深く眺めました。
関連記事

History of Yokohama Hotel New Grand ホテルニューグランドの歴史 



Hotel New Grand, situated in front of Yamashita Park, symbolizes the history of Yokohama. Yokohama was a merchant town where various Westerners lived in and strode boldly along its streets 150 + years ago. Soon after the port opened, the Grand Hotel was built. It was quite famous for its view of the sea, and its restaurants, which served authentic Western dishes. But the hotel was destroyed in the Great Kanto Earthquake of 1923. The Hotel New Grand was established in 1927 - an elegant symbol of the reconstruction of Yokohama. Its first executive chef, Saly Weil, was capable of preparing all the different and popular European cuisines. While Weil was still there, General Commander of the US Military, Douglas MacArthur, stayed at the Hotel New Grand quite a few times, had fond memories of the hotel and (perhaps) of Weil’s dishes. In 1945, at the end of WWII, GHQ set up their base in Yokohama and MacArthur stayed at the hotel again for three nights.

山下公園の前に立つホテルニューグランドは、横浜の歴史を象徴するホテルです。江戸時代末期の横浜は、多くの外国人たちが闊歩する貿易の街でした。バンドと呼ばれた海岸線の大通りに、グランドホテルがオープンしたのは開港後まもなくのことです。グランドホテルは、眺めの良いシービューの客室と、本格的な西洋料理を出すホテルとして、内外にその名を轟かせていました。しかし、1923(大正12)年の関東大震災で、ホテルは横浜の街とともに全壊してしまいます。1927(昭和2)年、横浜復興のシンボとして、ホテルニューグランドが誕生しました。初代総料理長に就任したサリー・ワイルは、あらゆる西洋料理に精通した新進気鋭のスイス人シェフでした。GHQのマッカーサー最高司令官は、戦前から何度も宿泊し、ワイルの料理を舌で覚えていたようです。1945(昭和20)年、戦後処理のために日本に入ったマッカーサーは、東京ではなく、まず横浜に入り、ホテルニューグランドに三晩宿泊しました。
関連記事

Masobyo Mausoleum, Yokohama 横濱媽祖廟



Masobyo Mausoleum (Mazu Miao Temple) is a new Taoist temple in Yokohama Chinatown established in 2006. About 1000 years ago, a woman who lived during the Song Dynasty was deified and enshrined as a Goddess for the safety of travelers in South China. Priest Toko Shinetsu brought a statue of the goddess to Japan around 1680. The goddess gives blessings for not only travels, but also health and happiness. The friendly staff here will help you worship in the proper Chinese way. Masobyo Mausoleum is a two-minute-walk from Suzaku Gate, the nearest gate from Motomachi Shopping Street.

媽祖廟(まそびょう)は、2006(平成18)年に横浜中華街の一画に建立された道教系の霊廟です。約1000年前の北宋に生きた黙娘(もうにゃん)という女性が、後に神格化されて、航海の守護神となり、中国南部で信仰されるようになりました。日本では、江戸時代に清から来日した高僧・東皐心越(とうこうしんえつ1639-1696)が、初めて媽祖像を伝えたとされています。元町ショッピングストリートから横浜中華街の朱雀門(南門)をくぐってすぐの場所にある媽祖廟は、旅の安全の他に、病気平癒や厄除の霊験があると言われています。中国式の参拝の仕方やおみくじの引き方は、スタッフの方が丁寧に教えてくれます。
関連記事

Enjoy Yuigahama Beach! 夏の終わりの由比ケ浜ビーチ 



Yuigahama Beach is just down the street from Hase Station on the Enoden Line. Because of this easy access, people enjoy summer until the end of September. Although beach house restaurants and bars are already down, you can still enjoy some nice cafes and restaurants near the beach. Daibutsu, Hase Kannon, and Goryo Jinja are all within walking distance. After strolling to and from these places, enjoy Yuigahama Beach!

由比ケ浜は江ノ電「長谷」駅から徒歩5分で行けるビーチです。アクセスの良さから、9月いっぱいはビーチで遊ぶ人を見かけます。ビーチハウスは解体されて、次の夏までお預けですが、海沿いの国道134号線沿いには、すてきなカフェやレストランがたくさんあります。鎌倉大仏や長谷観音、御霊神社は、すべて「長谷」駅から徒歩圏内ですので、観光と浜辺のお散歩をセットにしてお出かけするのがおススメです。
関連記事

Kyoto Shimogamo Shrine 京都 下鴨神社

Shimogamo Jinja

God of legendary "Three-legged Crow"

Shimogamo Shrine is located at the junction of the Kamo River and the Takano River. For Kyoto, which first started to develop near the Kamo River, Shimogamo Shrine has always been a strong guardian of the city. Officially, Shimogamo Shrine is called “Kamo Mioya Jinja” (Ancestral Shrine). This is because the two main deities enshrined at Shimogamo Shrine are the mother and grandfather of the main deity enshrined at the related shrine, Kamigamo Shrine.

Before the grandfather deity moved to Kyoto, he lived in Kumano (southern mountain area). He was once transformed into a three-legged crow and guided the first Emperor on a long, difficult journey. Interestingly, that three-legged crow is included as an emblem on the jersey of the Japan National Soccer Team!

To enjoy Shimogamo Shrine more, let me tell you a bit about the story related to the gods and the crow first! Read more

伝説の八咫烏

下鴨神社は、西の加茂川と東の高野川が合流して鴨川となるあたりに位置しています。鴨川を中心に発展してきた京都の街にとって下鴨神社は、1200年の時を越えて今日に至るまで、ずっと街の守護神だったと言えるかもしれません。

下鴨神社の正式名称は賀茂御祖(かもみおや)神社です。御祖(みおや)の意味は、上賀茂神社、すなわち賀茂別雷神社に祀られる「賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)」の母である「玉依媛命(たまよりひめのみこと)」と祖父の「賀茂建角身命(かもたてつぬみのみこと)」が祀られていることによります。賀茂建角身命は昔、八咫烏(やたがらす)に化身して、神武天皇(初代の天皇)を熊野から大和へ道案内したと伝えられています。
八咫烏と言えば、サッカー日本代表チームの胸のエンブレムに描かれている黒い鳥を思い浮かべる方もいるかもしれません。そこで、下鴨神社を知るために、まず八咫烏が登場する神話の世界をのぞいてみましょう。続きを読む
関連記事

Kyoto Nanzenji's Hojo Garden 京都 南禅寺方丈庭園

Nanzen-ji
Autumn comes to Nanzen-ji Temple in late November. The beauty of the colorful leaves took my breath away. The head priests of Nanzen-ji Temple were always the most outstanding Zen masters of the period; Priest Issan Ichinei (1313), Muso Soseki (1325), and others. Hojo Garden is a typical rock and sand garden built in the early Edo era. It features a wide, open, space in front of a corner of green. The designer was Kobori Enshu, who was really good at weaving western techniques such as perspective into his stone arrangements.

11月末に紅葉の見頃を迎える南禅寺。色鮮やかな楓や銀杏の葉がはらはらと舞う境内は、息をのむ美しさでした。高い格式をもつ南禅寺の住持は、一山一寧(いっさんいちねい)や夢窓疎石(むそうそせき)など、法系を越えて「日本で最も優れた禅僧」がつとめてきたそうです。南禅寺の方丈庭園は、江戸時代初期に、小堀遠州(こぼりえんしゅう)が作庭したと伝えられています。樹木と石組を一カ所にまとめて広い余白を楽しむ意匠と、東から西への「パースペクティブ」の技法で、六つの庭石を絶妙のバランスで並べたデザインが特徴的です。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。