スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ruins of St. Paul’s, Macau, and 4 Japanese Boy Envoys マカオ・聖ポール天主堂跡と天正少年遣欧使節

In 1582, four Japanese boys got a mission and sailed for Europe as the representative of the Japanese Daimyo. They stayed in Macau for 10 months, studying music and language. On the way back to Japan in 1588, they stayed in Macau for 18 months and the record of their experiences in Europe was published there.
Alessandro Valignano (1539-1606), an Italian Jesuit missionary, was appointed Visitor of Missions in the Indies, and visited Japan in 1579. He sent four boys to Europe to highlight the success of the Jesuit’s work in Japan. And also he wanted to show the boys the greatness of Western countries so that the people of Japan would feel the superiority of the Christian world.

1582(天正10)年、九州のキリシタン大名の名代として、4人の少年が、ローマ法王、およびスペイン、ポルトガルの両国王に謁見するため、ヨーロッパに派遣されました。ヨーロッパへの長い旅路のはじめに、彼らはマカオに10ヶ月間滞在し、ラテン語や音楽の修練を積みました。そしてヨーロッパ訪問の帰路には、再びマカオに18ヶ月留まりました。
この遣欧使節を企図したイエズス会の東インド管区巡察師、アレッサンドロ・ヴァリニャーノには、二つの目的がありました。まず、日本でのキリスト教布教の成果をヨーロッパに伝えること、そして日本人に、ヨーロッパのキリスト教世界を見聞させ、その偉大さを知らせることでした。そのためにヴァリニャーノは、少年たちのヨーロッパでの体験や、各国で見聞した諸々の事をまとめ、マカオでその見聞録を出版させました。



The boys were always calm, sincere, and humble, and received high praise in every country they visited. I'm very proud of them as a fellow Japanese.

少年たちは、常に穏やかでひたむきで謙虚な姿勢であったため、ヨーロッパ各地でその振る舞いが絶賛されたそうです。同じ日本人として、彼らをとても誇りに思います。
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 歴史 | ジャンル: 学問・文化・芸術

DIY: Cute X'mas Tree & Santa Bunny ミニ・ツリーとサンタうさぎの作り方

This is a tutorial for making cute Christmas tree and Santa Bunny decorations. I hope you enjoy making them and having them on your desk or table. Enjoy, and Merry Christmas!
クリスマスの気分を盛り上げるミニ・ツリーとサンタうさぎの作り方です。
デスクトップに置いて、しばし、サンタうさぎに癒されていただければ幸いです。





Preparation 準備するもの:

For tree: Cork mat and green colored paper clay
クリスマス・ツリー:コルクマットとみどり色の紙粘土

For ornaments オーナメント:
1. Small Sonobe Bi-Pyramides x3: 1/16 Origami x 9
 薗部式三角錐3個:1/16サイズの折り紙6枚で1個の三角錐ができます
2. Gold bells x3
 金の鈴3個
3. Red ribbons x 5
 赤いリボン5個
4. Gold strips: 1 cm x 7.5 cm Origami x 2
 星を作るための金色の折り紙:1cm x 7.5cmに切って2枚を紐状につなげます
5. White pompons x6
 白いポンポン6個
6. Red pins x 5
 赤いピン5個
7. Head pin x 1
 T-ピン1個
Also: scissors, glue, a toothpick, needle, string (green), and varnish
他に、はさみ、のり、楊枝、針、緑色の糸、紙粘土用のニスを用意します。

Sonobe Bi-Pyramids: Click here to see how to make it.
薗部式三角錐の作り方はこちら

Santa Bunny Costume サンタうさぎのコスチューム:
1. Red and white wool fibers
 赤と白の羊毛
2. A barbed needle
 羊毛フェルト用ニードル
3. Cork mat
 コルクマット
4. A white pompon
 白いポンポン1個

Click here to see how to make a paper clay bunny.
紙粘土うさぎの作り方はこちら
関連記事

Takashi Murakami: The 500 Arhats at Mori Art Museum 村上隆の五百羅漢図展/森美術館・六本木ヒルズ森タワー53F

Takashi Murakami: The 500 Arhats
Oct 31, 2015 - March 6, 2016
See the information here.

This is a really exciting exhibition of Takashi Murakami. His 500 Arhats are vivid, lively, cute, and unique. His secret beasts are filled with lively motions. Please compare traditional Arhats in Miyajima, the island of Itsukushima Shrine, and his newly established modern Arhats!

村上隆の五百羅漢図展はドキドキするような色彩にあふれています。羅漢たちの表情、目の色や爪の色、着ている衣や持ち物、霊獣たちの躍動感、それらはとても個性的です。厳島神社のある宮島の五百羅漢と今回の五百羅漢、二つのビデオを並べてみました。



続きを読む
関連記事
テーマ: イベントニュース | ジャンル: ニュース

DIY: Origami Earrings 折り紙ピアスの作り方

Preparation 準備するもの:

1. Small Sonobe Cube x 2: Use six pieces of 1/16 of regular origami paper for each earring
 1/16サイズの折り紙で作った薗部式立方体2個
2. Clear type manicure for coating
 透明マニキュア
3. Eye-pin (x2)
 9−ピン2個
4. A needle
 針
5. One pair of fish hook earrings
 ピアス金具1セット
6. Jump ring (x2)
 丸カン2個
7. Beads or other charms that you like
 ビーズなどお好みのチャーム

Sonobe cube 薗部式立方体:
Click here to see how to make it.
詳しい作り方はこちら

Also: a small pair of pliers that can both bend and cut
その他にアクセサリー用のヤットコとニッパーが必要です。

関連記事
テーマ: ハンドメイド | ジャンル: 趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。