スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Japanese Washi Paper 和紙



Washi paper is quite thin and light, but is very hard to tear and is also waterproof. Because of these characteristics, washi has been used for many daily necessities as well as for important writings in Japan. Shoji (sliding screens), and byobu (folding screens) are both found in houses, and kaishi (paper handkerchiefs, or tissue paper) are always kept handy in pockets. Traditional Japanese umbrellas are made of washi and bamboo. Some washi has been preserved for over 1000 years!

和紙は薄く、破れにくく、水に強くて軽いため、記録紙としての用途以外にも、障子や屏風などの建具や、ハンカチ代わりに使う懐紙、傘など、日本人の日常生活で、様々な用途に用いられてきました。記録紙としての和紙の保存性は1000年以上といわれています。
関連記事
熊野三山の巡り方 | Home | Sankei-en Garden in Summer 夏の三渓園

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。