スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fushimi Inari Shrine, Morning and Dusk 伏見稲荷大社 朝と宵



Fushimi Inari Shrine, famous for its 10,000 scarlet red torii gates, has a long approach running up a mountain in the south of Kyoto. People have given prayers and made offerings of these torii gates to the god of Fushimi Inari for more than 1300 years. There is a beautiful contrast outside and inside the torii between the green sacred forest and the beautiful red approach.
On a summer day, I walked up and through the long approach under the arch of the 10,000 torii. In the daytime, the torii created a comfortable shade, while in the morning and the late afternoon they flashed a new color - a brilliant orange reflecting in the sunshine.

一万基ともいわれる朱の鳥居が、隙間なく参道を埋める伏見稲荷大社。京都東山36峰の最南端の嶺に、1300年間、人々の憶いを受け止めてきた社があります。鳥居の外に広がる森の緑は深く濃く、石畳が続く鳥居の内の世界は、神聖な祈りの空間です。
夏の日、私は不思議な空気につつまれた鳥居のトンネルを歩き、2時間かけてお山巡りをしました。参道に奉納された鳥居は、夏の午にはやさしく陽光を遮り、朝と宵には橙に染まって美しく輝いていました。
関連記事
テーマ: 歴史・文化にふれる旅 | ジャンル: 旅行
Japanese Sweets 上生菓子 | Home | The Making of Daibutsu 鎌倉大仏の建立

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。