スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yokohama's Mazu Temple & Macau's A-Ma Temple 横浜の媽祖廟とマカオの媽祖閣

Mazu (originally called Lin Moniang) was an actual woman who was born in 960. She was supposed to have a mysterious power beyond mankind's ability from the very young age. She died when she was 28, and after that, she was divinized as a goddess and called Mazu. Mazu is worshipped along the coastal areas of China, Taiwan, and other east Asian countries. And temples in which she is worshiped have been built in port towns along the coasts.

媽祖(生前の名前は林黙娘)は、宋の時代の西暦960年に生まれた実在の女性で、幼い頃から不思議な能力を持っていたと伝えられています。28歳頃に亡くなり、のちに神格化されて媽祖と呼ばれるようになりました。主に中国沿岸部や台湾など東アジアで信仰され、各地の港町に媽祖を祀った廟が建てられました。

In Yokohama, Japan, there is a record of Mazu being enshrined in today's Yamashita Park. But this fact was lost to history for a long period of time. In 2006, people who earnestly desired to have a Mazu Temple cooperated to have a new temple built in Yokohama Chinatown.

横浜では、今の山下公園辺りに媽祖が祀られていたという記録があるようですが、長い間、その存在は歴史から消えていました。しかし、中華街の住民の強い願いと、たくさんの協力者のもと、2006年に新たな媽祖廟が建立されました。



On the other hand, A-Ma Temple has survived the waves of history since it was established in 1488. One of the reasons is that the political and social reform movement called the Great Cultural Revolution didn't reach Macau.

一方、マカオには1488年に建立された媽祖閣があります。文化大革命の影響が及ばなかったたマカオでは、中国本土では破却されてしまった媽祖の廟が残りました。



Faith in Mazu spread out over the sea, and is still active in both the port cities of Yokohama and Macau. This fact settled deep within my heart.

媽祖への信仰は海を越えて広がり、横浜とマカオ、二つの港町で、今も生き続けているのですね。
関連記事
テーマ: 歴史 | ジャンル: 学問・文化・芸術
Hina Matsuri ひな祭り | Home | DIY: Origami Kadomatsu, Japanese New Year Decoration 折り紙で作る門松

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。