スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Asian Multigenerational Houses アジアのお屋敷

Today, I would like to show you two multigenerational houses in Japan and Macau, both built in the 19th Century. Two houses were the best residences in those days, suitable for the land and climate. I'm very curious about the LIFE those families had in these beautiful houses.

今日はアジアのお屋敷を二つご紹介します。いずれも19世紀初頭に建てられた民家で、複数世代の家族が暮らしていたという共通点があります。それぞれの土地の、気候風土に適した当時最高の家屋で、いったいどんな暮らしが営まれていたのか、想像力をかきたてられます。

The one from Japan is Wada House, Shirakawago in Gifu Prefecture (built between 1830-1867). The Wada Family had been one of the leading families of the village from generation to generation. Some parts of the Wada House are open to the public today, and we can see a little of what their lives were like in the old days.
More details are here.

まずはじめに、岐阜県白川郷の和田家(建築は1830-1867年頃)をご覧ください。和田家は、代々、庄屋や番所役人などを務めた白川郷の有力者でした。その和田家の家屋、板蔵・稲架小屋などが、一部公開されており、江戸時代の有力村民の暮らしを垣間みることができます。
詳しくはこちらをお読みください。



The other house in Macau is commonly called the Mandarin’s House, Zheng Guanying’s family house (built in 1811). Zheng Guanying (1842-1921) was a 19th Century Chinese thinker and educator, and his book “Words of Warning in Times of Prosperity” contributed to the modernization of China.
This house is such a big house for a single family. It has 60 rooms and is 4000㎡. It was very rare in Macau in those days and even today.

もう一つはマカオの鄭屋敷(建築は1811年)です。鄭屋敷は、19世紀の中国の­思想家・鄭観応の邸宅跡です。鄭観応(1842-1921年)は、後には教育者としても活躍した人物です。観応が著書『盛世危言』で語った思­想は、中国の近代化に貢献したと言われています。この邸宅は、居室数60、敷地は4000㎡もあり、一つの家族が所有する家としては、­当時も今も、マカオでは飛び抜けて大きいお屋敷です。


関連記事
テーマ: 歴史 | ジャンル: 学問・文化・芸術
Delicious Food Hunting, Yokohama Chinatown 横浜中華街 食べ歩き | Home | Hina Matsuri ひな祭り

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。