スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kusatsu Hot Springs 草津温泉

Kusatsu Onsen, Kusatsu Hot Springs, has been recognized as the best of the best Japanese Onsen for hundreds of years: Why? Because of the quality and quantity of the various kinds of spring waters here, its beautiful atmosphere, and finally…because there are a lot of very nice hotels!

江戸時代の温泉番付でも横綱と称されていた草津温泉。その理由は、泉質・湯量ともに圧倒的であること、そして温泉街には、異なるお湯を楽しめる外湯が、徒歩圏内にいくつもあるからだといいます。また、四季折々に美しい山里の景色や、味わいある湯宿の多さも、その理由に挙げられます。

At the heart of Kusatsu Onsen is the source of the hot spring, known as Yubatake. Yu-batake means fields of hot spring water. Centering around Yubayake, attractive shops and sightseeing spots are scattered. When you arrive at Kusatsu Onsen, please head to Yubatake first. You might be surprised at the gush of dynamic hot flowing water. Please take off your shoes and socks and soak in a footbath. I bet the fatigue of your long trip will quickly disappear.

草津温泉の中心には湯畑と呼ばれる源泉があります。その名の通り、湯の畑というに相応しい眺めは、一見の価値があります。草津に到着したら、まずここを目指しましょう。湯畑の周囲にはホテルや土産物屋、食事処などが軒を連ね、賑やかな雰囲気です。靴下を脱いで、足湯に浸かれば、旅の疲れもすぐにとんでいきます。




After enjoying a hot bath in Kusatsu, why don't you drive a little way further to Onioshidashi Park and Moss Park?

さて、草津温泉でのんびりしたら、少し足を伸ばして、鬼押出しとチャツボミゴケ公園までドライブしてみるのがおすすめです。

In April 1783, Mt. Asama started to stir. Then the volcanic activity got stronger. In July, it reached a climax, and finally there was a violent eruption. A crimson flame shot high into the air from the top of the mountain, lava came pouring out and flowed down the north slope of Mt. Asama. Finally, these giant rocks came flying out.

天明3年5月(旧暦)、浅間山は静かに揺れ始めました。火山活動は日を追うごとに激しくなり、やがて火砕流から溶岩流となりました。山は赤々と燃え、噴石とともに溶岩が浅間山北側斜面を流れ出しました。そしてついに岩屑なだれが発生し、近隣の村々は地獄絵と化したのでした。



Yoshigadaira Wetlands, located 1200-2160 meters above sea level in Gunma, includes a river, ponds, marshes, and a natural habitat of beautiful moss, as well as a scenic hiking area. Today, we’d like to introduce a moss park that is in it. The moss growing here is a very rare species that is acid resistant. The acidic river water kills birds and insects that accidentally fall in the water. So, local people call this area “hole of hell.”
A walking path circles the moss habitat area - a 20-minute cozy walk. The park is open between 9 AM and 3:30 PM, from mid April to November.

群馬県の芳ヶ平は、海抜1200mから2160mに位置する広大な湿原です。自然遊歩道が整備され、小川や池、湿地のほか、ここでしかみることのできない珍しい苔の自生地があります。中でも、酸性の温泉水で育つチャツボミゴケは大変希少ですが、チャツボミゴケ公園では、なんと傾斜地一面にエメラルド色の苔の絨毯が広がっています。また、とくに酸性度が強い場所は、鳥や虫が誤って落ちると死んでしまうため、「穴地獄」と呼ばれています。

関連記事
テーマ: 温泉旅行・温泉宿 | ジャンル: 旅行
| Home | Takachiho, The mystical historic place 高千穂 その歴史と神秘

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。