スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kyoto Ginkaku-ji Temple 慈照寺銀閣

Ginkaku-ji Temple

Ginkaku-ji Temple (completed in 1490 and now officially called Jisho-ji Temple) is usually translated as “Temple of the Silver Pavilion.” But it’s not silver, actually. Compared to the gorgeous and dramatic building “Golden Pavilion (Kinkaku),” it is dark-colored, quiet and simple. Why then is it called the Silver Pavilion? The reason is that the concept of the pavilion and all the settings in its precincts are focused on special moon-viewing. While Kinkaku shines brilliant gold under the sun, Ginkaku was planned to shine a delicate silver under the moon. read more

相国寺塔頭・慈照寺には、銀閣と錦鏡池を中心とする美しい庭があります。しかし銀閣という高楼は、これまでのところ銀色に塗られていたという証拠も記録もありません。それなのに何故、銀閣と呼ばれるようになったのでしょうか?識者によれば、銀閣とそれを取り巻くしつらいのすべてが、仲秋の名月を賞でるために作られたからだということです。金閣が陽光に照らされて黄金色に輝く楼閣であるのに対し、月光を浴びて、静かに闇の中に浮かび上がる楼閣を、「銀色に輝く楼閣」、すなわち「銀閣」と表現したのであろうと推測されています。続きを読む

関連記事
Kyoto Kinkaku-ji Temple 鹿苑寺金閣 | Home | Springtime in and near Kamakura 鎌倉の春

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。