スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Double-layered Gardens in Kyoto

Saiho-ji Temple Saiho-ji (Koke-dera) Temple

In 1339, Priest Muso Soseki designed and constructed a double-layered excursion garden in Saiho-ji Temple. It is still famous and admired today. The contrast between the elegant lower pond garden and the severe upper dry garden must have been quietly powerful. Almost 700 years have gone by, and the garden has changed completely. Now we can enjoy the charm of a garden that is covered with a beautiful moss carpet.
Because they greatly admired Muso Soseki and his work, people of power in the generations that followed modeled their own gardens on the double-layered garden of Saiho-ji. In this series, I would like to look at three special gardens in Kyoto and consider their beauty from the perspective of their use of space.

1339(延元4 /暦応2)年、夢窓疎石は西芳寺に、上下二段の構成を持つ庭を築造しました。下段の優雅な池泉回遊式庭園と上段の厳しい枯山水は、当時はすばらしい対比を見せていたことでしょう。700年近い歳月は、その庭を大きく変貌させました。今では美しい苔が一面を覆い、この庭の新たな魅力を引き出しているようです。
このシリーズでは、上下二段の構成を持つ3つの庭を巡り、それぞれが作り出す美的空間を鑑賞していきたいと思います。

INDEX
Click on the title you are interested in.

1 Saiho-ji Temple: Moss carpeted, Zen practice garden
2 Kinkaku-ji Temple: Shining golden pavilion and its spacious party garden
3 Ginkaku-ji Temple: Delicate silver pavilion and its moon-viewing garden

1 西芳寺:禅僧・夢窓疎石(1275-1351)が築庭した「苔に覆われた修禅の庭」
2 鹿苑寺金閣:足利義満(1358-1408)が監修した「金の楼閣と饗応の庭」
3 慈照寺銀閣:足利義政(1436-1490)が監修した「銀の楼閣と月見の庭」



関連記事
Kyoto Kibune Riverside Walk 新緑の貴船ウォーク | Home | Autumn Leaves in Kyoto 京都の秋

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。