スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kamakura Meigetsu-in Temple in June 6月の明月院

Meigetsu-in

At Meigetsu-in Temple, the bluish-purple season comes in June. Not only blue hydrangea, but also various colors of noble iris in the back garden burst into bloom. This temple had a strong relationship with the Hojo clan during the Kamakura era. When the 5th regent of the Shogunate, Tokiyori, retired, he set up a hermitage and then later finished his life here. His grave is located to the left of the entrance. He must never have imagined that 760 years later, such huge numbers of people from all over the world would surge ahead to visit this small temple. see more photos

六月。明月院に、青や紫、白の花々に彩られる華やかな季節が訪れます。境内のそこここに揺れる紫陽花と、本堂奥の庭園に咲く花菖蒲の競演です。明月院(最明寺)は、鎌倉時代中期に北条得宗家と強いつながりを築きました。五代執権・北条時頼は、出家してこの地に持仏堂を造営し、その臨終にあたっては、敷地内の北亭で座禅を組んで果てたといいます。その時頼の宝篋印塔は、総門を入って左手奥にあります。37歳という若さでこの世を去った卓眼の執権も、760年後、まさかこれほど多くの人々が、世界中からこの寺を訪れるようになるとは、想像もしなかったことでしょう。他の写真も見る
関連記事
Kamakura Zuisen-ji Temple in Autumn 鎌倉 瑞泉寺の秋 | Home | Kyoto Kibune Riverside Walk 新緑の貴船ウォーク

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。