スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kamakura Zuisen-ji Temple in Autumn 鎌倉 瑞泉寺の秋

Zuisen-ji Temple

Priest Muso Soseki built this rock garden at Zuisen-ji Temple in Kamakura for his Zen practice, and it shows his strict and severe face. At the downfall of the Kamakura Period (1333), Muso Soseki opened the doors of the temple for all the wounded samurai and their families who escaped from the war. He and his followers took care of them, and the temple became much like a field hospital. Ten years later, he built more relaxing gardens in Kyoto, at Saiho-ji and Tenryu-ji Temple. see more photos

禅僧・夢窓疎石が作庭した瑞泉寺の石庭には、岩を削って造った禅の庭の厳しさが現れています。新田義貞が鎌倉に攻め入り、鎌倉市中が激しい戦闘の場と化した1333(元弘3)年、夢窓疎石は瑞泉寺の門を開いて、傷ついた侍とその家族たちを受け入れました。寺はさながら野戦病院のごとく、僧たちは傷兵の手当や食事の世話に走り回ったと伝えられています。その後京都に移った夢窓疎石は、10年後、苔寺(西芳寺)天龍寺の庭園を整えましたが、これらの庭には、瑞泉寺石庭よりも穏やかな表情が垣間見えるような気がします。他の写真を見る
関連記事
Izu Shuzen-ji, Riverside Walk 修善寺温泉の散歩道 | Home | Kamakura Meigetsu-in Temple in June 6月の明月院

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。