スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kyoto Shimogamo Shrine 京都 下鴨神社

Shimogamo Jinja

God of legendary "Three-legged Crow"

Shimogamo Shrine is located at the junction of the Kamo River and the Takano River. For Kyoto, which first started to develop near the Kamo River, Shimogamo Shrine has always been a strong guardian of the city. Officially, Shimogamo Shrine is called “Kamo Mioya Jinja” (Ancestral Shrine). This is because the two main deities enshrined at Shimogamo Shrine are the mother and grandfather of the main deity enshrined at the related shrine, Kamigamo Shrine.

Before the grandfather deity moved to Kyoto, he lived in Kumano (southern mountain area). He was once transformed into a three-legged crow and guided the first Emperor on a long, difficult journey. Interestingly, that three-legged crow is included as an emblem on the jersey of the Japan National Soccer Team!

To enjoy Shimogamo Shrine more, let me tell you a bit about the story related to the gods and the crow first! Read more

伝説の八咫烏

下鴨神社は、西の加茂川と東の高野川が合流して鴨川となるあたりに位置しています。鴨川を中心に発展してきた京都の街にとって下鴨神社は、1200年の時を越えて今日に至るまで、ずっと街の守護神だったと言えるかもしれません。

下鴨神社の正式名称は賀茂御祖(かもみおや)神社です。御祖(みおや)の意味は、上賀茂神社、すなわち賀茂別雷神社に祀られる「賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)」の母である「玉依媛命(たまよりひめのみこと)」と祖父の「賀茂建角身命(かもたてつぬみのみこと)」が祀られていることによります。賀茂建角身命は昔、八咫烏(やたがらす)に化身して、神武天皇(初代の天皇)を熊野から大和へ道案内したと伝えられています。
八咫烏と言えば、サッカー日本代表チームの胸のエンブレムに描かれている黒い鳥を思い浮かべる方もいるかもしれません。そこで、下鴨神社を知るために、まず八咫烏が登場する神話の世界をのぞいてみましょう。続きを読む
関連記事
Enjoy Yuigahama Beach! 夏の終わりの由比ケ浜ビーチ  | Home | Kyoto Nanzenji's Hojo Garden 京都 南禅寺方丈庭園

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。