スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Koto-in, a Daitoku-ji Inner Temple 京都 大徳寺塔頭 高桐院



Koto-in Temple, established by Hosokawa Tadaoki (1563-1646) in 1601, is one of the many inner temples of the Daitoku-ji Temple Complex. Tadaoki was a military commander and daimyo during the Sengoku Period, and he served the top three supreme rulers, Oda Nobunaga (1534-1582), Toyotomi Hideyoshi (1537-1598), and Tokugawa Ieyasu (1543-1616). He also excelled in chanoyu (tea ceremony). The great Tea Master, Sen no Rikyu (1522-1591), admired him and gave him a high position. read more

高桐院は大徳寺の塔頭で、1601(慶長6)年に、細川忠興(三斎)が創建しました。忠興は、利休七哲の中で最も利休に気に入られた一人として知られ、武将としても、信長、秀吉、家康に仕えて重用された人物です。大徳寺ではほとんどの塔頭が非公開ですが、高桐院は通年公開している数少ないお寺です。そのため、四季折々の美しさを求めて、何度も足を運ぶ「通」が多いといいます。続きを読む
関連記事
Karuizawa St. Paul's Catholic Church 軽井沢 聖パウロカトリック教会 | Home | Kamikochi Kappa-bashi Bridge 上高地 河童橋

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。